2017年 読書記録 上半期

      

もうクリスマス気分になってもいいでしょうか?↑はクリスマスソングです、多分。

2年近くも放置しておいてなんですが
2017年、上半期に読んで特に面白かったもの。新旧入り乱れ。読み終えた順で。

・『傷だらけのカミーユ』ピエール・ルメートル(文春文庫)
 読み終えて「彼に幸あれ」と思ってしまった。
 先月『死のドレスを花婿に』を読んでしまったので、2017年11月現在翻訳されているこの作家の本は全部読んだのかな。私は『天国でまた会おう』よりも断然嫌ミスのこちらシリーズが好きです。

・『西洋哲学史(上)』シュベーグラー(岩波文庫)
 とりあえず読み終えた、というだけなのだけれど、自分としてはすごく頑張ったので。が、下巻がまだある。カントで止まったまま。あ、これは面白かったじゃないや。自分頑張ったねという意味で。

・『Front Row アナ・ウィンター ファッション界に君臨する女王の記録』
  ジェリー・オッペンハイマー(マーブルトロン)
 何かを成し遂げる人ってすごいな、としかいえない。そのストイックさとか。映画『プラダを着た悪魔』よりもドキュメンタリー『ファッションが教えてくれること』が好きな人の方が楽しめそう。共通して出ている人も出ていることだし。

・『子供より古書が大事と思いたい』鹿島茂(文春文庫)
 基本的に誰かが本について語っているのを読むのが好きなんだと思う。そんな中でも面白かったエッセイ本。ちなみにこの本で挙げられている古書とはフランス19世紀のもの中心だったかな。

・『パードレはそこにいる(上・下)』
  サンドローネ・ダツェーリ(ハヤカワ・ミステリ文庫)
 イタリアミステリー。設定やストーリーは言葉にすると重いものだけれど、残酷描写は少なく、悲壮感があまりない。展開が早くて面白かった。後半は常に山場で、どこで休みを入れたらいいんだろうといううれしい悲鳴。主人公二人に感情移入しつつ、風呂敷広げすぎじゃない!?と心配になったり…。続編『死の天使ギルティネ(上・下)』先月読みました。

・『言い寄る』田辺聖子(講談社文庫)
 お聖さんの小説は「まだ私には早いのかな」という感じで、手を出しては引っ込める繰り返しだった。が、なにがきっかけだったか、この乃里子シリーズを読んでみたら面白くて、私にしては珍しく繰り返し読んでしまった。次の『私的生活』も読み終えたし、最後の『苺をつぶしながら』が私を待っている。

 これが6月末までのベスト、月1で面白い本にあってることになるのか?
もっと面白い本読んだ気がするんだけど…と思ったら最近だったり、去年だったり。

では、また来ます。





[PR]
by yui-520 | 2017-11-04 15:02 | 私と書籍のあとさき | Comments(0)
キラメいてキラメいて永遠に輝いて