読書近況 ある春の日

b0060342_15471076.jpg



去年末に手を出したテリー・イーグルトンの『文学とは何か』がやっっと面白くなってきました。
いや、最初から読み手を引き込む力はすごく強くて面白いんですが
とにかく自分が無知過ぎて泣ける…
いや、泣いてる場合じゃないくて、だったら調べるなり読むなりしようと。
読み流し見流しでも頭を通過していくと、ふとしたときに「あ、これ!」と点と点が繋がる瞬間があるじゃないですか。
あれをたくさん経験するようになりたいなと思うのです。

去年の暮れぐらいかな、
「もういい年だから」と言い訳して愚痴っぽくなる自分が嫌になり『やっておけばよかったと後悔してることリスト』を書き出しました。
今さら…と思うものもたくさんあるし、非生産的なこともたくさんだったけど
出来るところからやってみようと思っているところです。
出来るだけ人生に対して積極的になりたい、と思うのです。

イーグルトンも今読んでも難しいし、知らない作家や読んだことない作品がたくさんですが、
これから出てきた作品などを読んでいくことで、
将来 「なるほど、そういうことだったのか」と思える日が来ると思うのです。

確かに思春期青春期に古典を読んでこなかったのはすごく痛いですが、
だからといって、過去の自分を責めるよりは1ページでもいいから読もう、と思っているところです。
ちょっとずつでいいから、生活の中に習慣付けていきたいことの一つです。


(追記)2枚あった画像1枚削除 方向転換は無理 2015年4月11日(sat) 
[PR]
by yui-520 | 2015-03-29 18:12 | 私と書籍のあとさき | Comments(0)
キラメいてキラメいて永遠に輝いて