向日葵畑で待ってて

b0060342_1905351.jpg
紫陽花が咲き始め、梅雨入りももうすぐ、ジメジメしがちな気分の転換にミニ向日葵を買いました。
が、写真に撮ったら明るすぎて向日葵の黄色が梅雨前には眩しくて。
思いっきり光当てて気持ち柔らかくしてみました。
今年は梅雨とうまくつきあって、楽しい夏を迎えたいです。

待ってろよ、向日葵畑!

やっとイーグルトンの『文学とは何か』読み終えました。
1回じゃちっとも頭に入らなくてどの章も2度3度は読みましたが、まだわからないところがたくさん。

他に最近良かったもの
・カズオ・イシグロの『日の名残り』
・永井荷風の『勲章』『畦道』
・映画で『コッポラの胡蝶の夢』 ←すんごく好みでした


[PR]
# by yui-520 | 2015-06-07 19:00 | 私のあとさき | Comments(2)

読書近況 ある春の日

b0060342_15471076.jpg



去年末に手を出したテリー・イーグルトンの『文学とは何か』がやっっと面白くなってきました。
いや、最初から読み手を引き込む力はすごく強くて面白いんですが
とにかく自分が無知過ぎて泣ける…
いや、泣いてる場合じゃないくて、だったら調べるなり読むなりしようと。
読み流し見流しでも頭を通過していくと、ふとしたときに「あ、これ!」と点と点が繋がる瞬間があるじゃないですか。
あれをたくさん経験するようになりたいなと思うのです。

去年の暮れぐらいかな、
「もういい年だから」と言い訳して愚痴っぽくなる自分が嫌になり『やっておけばよかったと後悔してることリスト』を書き出しました。
今さら…と思うものもたくさんあるし、非生産的なこともたくさんだったけど
出来るところからやってみようと思っているところです。
出来るだけ人生に対して積極的になりたい、と思うのです。

イーグルトンも今読んでも難しいし、知らない作家や読んだことない作品がたくさんですが、
これから出てきた作品などを読んでいくことで、
将来 「なるほど、そういうことだったのか」と思える日が来ると思うのです。

確かに思春期青春期に古典を読んでこなかったのはすごく痛いですが、
だからといって、過去の自分を責めるよりは1ページでもいいから読もう、と思っているところです。
ちょっとずつでいいから、生活の中に習慣付けていきたいことの一つです。


(追記)2枚あった画像1枚削除 方向転換は無理 2015年4月11日(sat) 
[PR]
# by yui-520 | 2015-03-29 18:12 | 私と書籍のあとさき | Comments(0)

病気のこと

病気のこと。

この日記にちらりと書いていますが、親子関係が去年一気に前進しました。
ちょうど長野山梨に大雪が降る前でした。
身内も友人知人も多い場所なので、あの大雪にはビックリしたし、心配しました。
普段は雪はそこまで降らず、ただただ痛いと感じるほどに寒い場所で、年に1度の大雪(っていうのがある)でさえ2,30cmぐらいしか降らない地域です。
なのにその2,3倍、70cm以上降ったので、とても大変だったそうです。

なので、本当に連絡取れる関係に戻っていてよかったーと思いました。

ある時期からブログに親関係や病気関係のことを書かなくなりました。
理由は他にしっかり話せる相手が出来たから、でしょうか。
カウンセラーや医師など、現実社会でしっかり話してすっきりすることが出来るので書く必要がなくなったのと、
自分の中で、精神のことをBlogに書くことにデメリットばかり感じてしまっているからかな。
これはメンタル系Blogを批難しているわけではないです。
もう、自分の中で「書ききった!」というやりきった感があるのかもしれないとも思うので。
また、治療やその経過を書き残したい気持ちもあるし。
でも今は、精神のことを書くことはどうも自分の心の健康状態によいとは思えないでいるので。

その代わり、主に頚椎症と気圧の変化からくる首や頭の痛みのことは、Blogに残しておきたいです。
先日ガッテンで特集があったようで、少し認知されはじめたのかなと思うこともありますが。
(でも特集は見過ごしてしまった。再放送、1月28日16時5分~を見れるといいな。
録画が出来ない環境なのです)

なので、カテゴリに”気象病”か”首・頭の痛み”を作ろうと思うけど、さてどうなることやら。
なんだかですね、自分の身体的特徴を検索するとだいたい「頭痛や肩こりになりやすい」と書いてあるので
もう一生付き合うしかないのかな、と思ったりもするけど。たまに疲れます。助けてパトラッシュ。
[PR]
# by yui-520 | 2015-01-26 10:57 | 私と病気のあとさき | Comments(0)
キラメいてキラメいて永遠に輝いて