恭賀新年

昨年は大変お世話になりました。
本年もよろしくお願いいたします。

2017年下半期の読書記録がまだですが、とりあえず年頭所感。

去年は氷室冴子の『雑居時代I』(集英社)で読み納めとし、
明けた元日には『雑居時代II』(集英社)を、また昨日から『クララ白書I』(集英社)を読んでいます。

小学校高学年の頃、身内が「もう読まなくなったから」と送ってきた段ボール箱の中に入っていていた作家の一人が氷室さんでした。確か『クララ』『アグネス』シリーズに、『シンデレラ』シリーズ、そして『なんて素敵にジャパネスク』!
『なんジャパ』の続きが気になって気になって本屋の店頭で見つけた時、とても嬉しかったこと、そして「初めてお小遣いで本を買う」ということをしたのも氷室さんの本でした。
本屋で本を前に「この本は500円(くらい)出しても良いくらい面白いのかな」と、しばらく悩んだことを覚えています。初めて買う小説だったし、漫画よりも100円200円ぐらい高いことにも困ったような記憶もある。「この金額使うなら絶対面白くなきゃ嫌だ」みたいな本への期待も高かったし。
もちろん買ったし、面白かったし、続きも買ってしまうことになるのですが。

それに比べて最近は…。
腐らない、太らない、場所を取らない、値段もそれほど高くない…ということで本を衝動買いの対象にしてしまったのが最後。次々増えていく本。出来る山。連なる山脈。読みたい本は遭難し、救助に向かうと起こる雪崩。雪崩によって見つかった面白そうな本を集めると、また新たな山が出来…。みたいな。
本棚と本を読む位置が離れていて、あれこれ読みがちな自分は本棚から別の場所に本の山を作ってしまうのです。
そしてもう本ってアメーバみたいに単細胞生物で、それだけで分裂して数が増えていってるんじゃないだろうか、などと空想に幾度となく逃げたり。 

そんな空想から戻ってきたのが昨年末でして。そういえばショウペンハウエルあたりが言っていた「本を買うより本を読む時間を買え」みたいな言葉はまさにこの状況だぁと思い、今年は態度を改めたいなと思います。(というか、衝動買いを減らす方向で)


では、今年が皆様にとって良い一年でありますように。
また、良い本面白い本に出会えることを楽しみにして。



[PR]
by yui-520 | 2018-01-03 06:42 | 私と書籍のあとさき | Comments(0)
キラメいてキラメいて永遠に輝いて